アイドルオーディション受かる方法は脱毛にあるかもしれない

アイドルのオーディションに受かる方法や絶対に合格する明確な基準はありません。だけど、合格率をよくするためにあなたをより良く見せる努力はしておいて損がないです。

アイドルに合格するための明確な基準は基本的にありません。

歌唱力やダンスなど技術力を見ているオーディションもありますが、事務所が募集するコンセプトによって全くちがいます。

例えば、AKB48のオーディションだと「歌唱力やダンスが最初の段階でできることは求めていない。完成している人を募集しているわけではない。」とよく言われます。

スターダストプロモーションのオーディションもそうですね。募集しているグループによってもかなり変わってきますが、話題になったサクラえびーずの募集では「長嶋茂雄さんみたいな人が来るといいな」と言う話を聞きました。

要するに天然キャラだけど実力がある人を募集しているのだと思いますが、事務所によって求めるアイドルが異なります。

同じ事務所であっても、時期やグループによって人材像が変わってくるので、絶対にコレだ!という合格基準を狙っていくのは難しいことです。女優であれば演技力など求められる場合が多いと思いますが、アイドルは相性みたいな部分が大きいです。

だけど、決定的に外していけないことは落ちる理由を作るです。

落ちる理由を作らない

受かる方法が明確ではないからこそ、落ちる方法を減らしていきましょう。

例えば、歯磨きしてなくて朝ごはんが歯の間に挟まっていたら、たぶん落ちる可能性が高いです。

「そんなの当たり前じゃん?」って思ったら、チャンスです。それと同じように「当たり前」と自分が思っていることを増やしていきましょう。

アイドル業界では当たり前なのに、あなたにとって当たり前じゃないことはたくさんあっても、日常生活の当たり前は最低限クリアしておかないと引っかかりません。

意外と気づかない人が多いのがムダ毛の処理です。

年齢にもよりますが、脱毛サロンに通っておくと、後々、楽です。

アイドルの低年齢化が進んでいるので中学1年生とか小学生でアイドルオーディションを受けたりすることもあると思いますが、あまり若いと脱毛サロンに通うことはできませんが・・・。

高校生以上だったら脱毛は通っておいた方がいいです。

アイドルオーディションだとワキが見えるタイミングが多いですから、意外と見られていたりします。

要注意ですよ。

歯磨きと同じように、生活レベルで周囲の人を不快にさせないために脱毛の検討もしてみてください。

そして、「この子、身の回りがしっかり整ってるし、アイドルとしても伸びそうだな!」と判断されればゴールはすぐ目の前です。アイドルオーディションの合格をつかみ取りましょう!

詳しいキャンペーン内容の紹介と損しない方法はこちら