美容脱毛の安全性が気になるならレーザー脱毛より光脱毛がいい

美容脱毛って火傷したり、肌トラブルがあるんじゃないかと心配じゃありません?

 

だけど、脱毛するお店を間違えなければ大丈夫ですから、安心してください。

 

間違えなければというと、「ちゃんと選べるか心配」と思うかもしれませんね。

 

ここで紹介する脱毛のお店を選んでおけば失敗することはまずありません。

 

「美容脱毛を受けたいけど、安全なところがいい!」という場合は参考にしてみてくださいね。

 

医療レーザーは出力が強いから火傷の原因になる

美容脱毛と聞くと「医療脱毛」をイメージする人もいれば、「脱毛エステサロン」をイメージする人もいます。

 

美容脱毛という言葉はとてもあいまいな表現なので、どちらでもいいんです。

 

だけど、大切なのは「どっちの方が効果を実感できて、安全性が高いか」ということだと思いませんか?

 

安全性から考えると医療脱毛はおすすめできません。

 

医療脱毛とはクリニックとか、医療機関で受けられる脱毛のことです。

 

脱毛機は医療用レーザーを使うので効果は強いです。

 

専門の医師だけしか使えない出力(熱)がとても強いレーザーで毛の元を焼いて死滅させます。

 

効果は強そうに聞こえますが、ちょっと怖いと思いませんか?

 

ホントに、効果は強いケド、肌への負担がハンパじゃないんです。

 

脱毛してもらっている間に焦げ臭さがするくらい強いレーザーなんです。

 

それだけ出力が強いレーザーですから、肌の火傷は当然あります。

 

毛嚢炎(もうのうえん)という肌のニキビができることもよくあります。

 

実際、わたしもひざ下(スネ)を医療脱毛したとき、毛嚢炎になって大変でした。

 

足がパンパンに腫れてしまって、歩けなくて、仕事に行けなくなってしまうぐらい。

 

「保湿ケアをすれば大丈夫ですよ~」とか「医療機関だからお薬もらえますよ~」とかいうけど、信用してません。

 

保湿ケアをしてたけど、だめだったんですよね。

 

お薬をもらえるといっても、またもらいに行くのめんどくさいですからね!

 

「あのー、毛嚢炎になったみたいで。お薬もらえますか」と電話するのが面倒(混んでると電話がなかなかつながらない)。

 

池袋とか新宿までわざわざ薬をもらいにいくのもめんどくさい!

 

医療脱毛は安全とかいうけど、痛いしつらいし、私にはとてもおすすめできません…。

 

肌トラブルとか火傷なし!出力が弱い光脱毛の方が危険じゃない

「出力が弱い」という表現を聞いて、効果がなさそうだとネガティブなイメージを持っていませんか?

 

だけどそれ、大きな勘違いですよ。

 

医療脱毛と比べて効果が薄いといわれる光脱毛ですけど、最終的な仕上がりは医療脱毛も光脱毛もほぼ同じです。

 

なぜ”ほぼ”同じなのか、”まったく”同じじゃないのか。その理由は光脱毛の効果は抑毛といわれるからです。

 

抑毛とは、簡単にいうと、「完全にはなくならないけど産毛が残る」ということです。

 

ほとんど毛がない状態なので、シェーバーで少し処理すればまったく目立ちません。

 

「短期的にどうしても今すぐ毛がなくならないと困る!!命に関わるくらい急ぎで脱毛しなきゃいけない!!」という場合は医療脱毛とかブラジリアンワックスで脱毛する方が早いですが、安全性を重視するなら脱毛エステサロンで光脱毛をした方がよいです。

 

火傷して肌が露出できなくなるよりは、じっくりでも安全な方法で毛がなくなった方がいいと思いませんか?

 

安全性を考えて美容脱毛を選ぶなら、エステサロンの光脱毛がおすすめです。

 

ちなみに私のおすすめはミュゼプラチナムです。

 

ミュゼはキャンペーンをウェブ予約すると安いからです。

 

詳しいキャンペーン内容の紹介と損しない方法はこちら