恥骨(Vライン)は光脱毛するとすっきりきれいになります

恥骨の周辺にある毛をきれいに剃って水着や下着でもムダ毛が見えないようにしたいですよね?

 

だけど、脱毛の方法を間違えると、恥骨のムダ毛はなかなかきれいになりません。

 

特に注意してほしいのが、シェービングです。

 

恥骨のまわりにある毛は「Vライン」とよく表現されます。

 

Vラインの毛は顔や腕と比べて、根が深くて、太さもしっかりしています。

 

だから、シェービングしてもぼつぼつと黒いあとが残ってしまうことがあるんです。

 

「根元からムダ毛を抜いてしまえば黒いぼつぼつって残らないんじゃないの?」と思うかもしれません。

 

だけど、毛抜きって埋没毛(埋もれ毛)になりやすいのやめたほうがいいですよ。

 

毛抜きグッズがドンキで買えるからって普通につかっちゃっている人もいますけど、肌へのダメージがはんぱないです。

 

とても肌に悪いので今すぐやめてください。

 

埋もれ毛になってしまうと自然に抜けるのを待つしかなくなってしまいます。

 

肌にも悪いし、見た目も悪いので、毛抜きはやめましょう。

 

「毛抜きもダメで、シェービングもダメ。じゃあ、恥骨のムダ毛はどう処理すればいいの?」と思ってしまいますよね。

 

怒らないでください。簡単にムダ毛を処理する方法がありますから。

 

それが、光脱毛です。

 

エステサロンで脱毛機を使って、毛を根元から処理してしまいましょう。

 

最近はエステサロンの脱毛料金はぐんぐんと値段が下がってきています。

 

値段は下がってきているけど、脱毛機が進化しているので効果はしっかりと実感できます。

 

「脱毛って痛いって聞いたんだけど…」と心配になるかもしれません。

 

でも、そんなにこわがらないでください。

 

「脱毛が痛い」というのは医療レーザーを使った、医療脱毛です。

 

リゼクリニックとか、湘南美容外科クリニックとか、医療機関で脱毛すると、たしかにめちゃくちゃ痛いです。

 

光脱毛はクリニックではなく、ミュゼのようなエステサロンで受けられる脱毛のことです。

 

医療脱毛と光脱毛だと、料金は医療脱毛の方が高いです。

 

脱毛後の仕上がりは医療脱毛でも光脱毛でも大差はありません。

 

じゃあ、なんで医療脱毛の方が料金が高いかというと、専門の医師か看護師が脱毛の作業をおこなうからです。

 

人件費と機材にお金がかかるから、どうしても医療脱毛の料金は高くなってしまいます。

 

でも、仕上がりが一緒なら、安くて痛くないところで脱毛した方がいいと思いませんか?

 

わざわざ高いお金を払って苦しむ必要はありません。

 

光脱毛なら痛い思いをせず、しかも低価格(1000円くらい)で脱毛できるのでおすすめです。

 

どこがおすすめかと気になる人もいると思いますが、ミュゼですね。間違いなく。

 

他のエステサロンよりも店舗数が圧倒的に多いので、通いやすいです。

 

1回目は職場の近くで脱毛して、2回目は自宅の近くで脱毛するなんてこともOKですから便利なんですよ!

 

初回のカウンセリングを受けると細かい相談を受けられるので、まずはカウンセリングの申し込みをしてみてください。

 

はじめてだとキャンペーンも適用されるので、お得です。

 

ただし、電話で予約するとキャンペーン適用されないみたいですから、ウェブで予約した方がいいです。

 

ミュゼキャンペーンの予約方法も紹介しているので参考にしてみてくださいね。

詳しいキャンペーン内容の紹介と損しない方法はこちら