SSC脱毛機で心配な副作用とデメリットについて

ミュゼと脱毛ラボで使われているSSC脱毛機って副作用があるんじゃないの?デメリットはないの?

 

そんな心配をしていませんか?

 

でも、SSC方式の副作用やデメリットを知っておけば、たいしたことじゃないと安心できますよ。

 

SSC方式の脱毛機は光脱毛といわれることもあります。

 

クリニックで医療脱毛をうけたことがある、もしくは興味をもって調べたことがあれば、「医療レーザー」ということばをきいたことがあるかもしれませんね。

 

医療レーザーとはレーザーで熱をくわえて、脱毛をするタイプの脱毛機のことをいいます。

 

医療レーザーは名前のとおり、レーザーをつかう脱毛です。

 

ということは光脱毛も名前のとおり、光をあたえる脱毛です。

 

光脱毛の特徴は医療レーザーと比較して、熱のちからが弱いです。

 

医療クリニックで脱毛をすると、翌日くらいから毛がぽろぽろとぬけおちます。

 

効果がとても早く実感できます。

 

だけど、光脱毛のばあいは、効果を実感できるようになるまで2か月や3か月くらいはかかります。

 

「いますぐ、毛がなくならないとこまる!」という場合は医療脱毛のほうがいいですが、正直にいうと、医療脱毛は肌への負担がおおきいのでおすすめはできません。

 

それに、そんなにいそいでいるなら、クリニックで脱毛をするのではなく、カミソリで自己処理したほうが早いし、きれいになります。

 

クリニックの脱毛は効果を実感できるまで時間がかからないけど、肌が乾燥しやすくなります。

 

温泉やプールなど、肌への刺激が強いこともしばらくは禁止です。

 

すぐに効果は実感できるけど、肌が安定した状態になるまでは、けっきょく時間がかかるんですよ。

 

SSC方式の脱毛機のデメリットは時間がかかることと言われますが、時間がかかるぶん肌への負担がおおきくないのでおすすめです。

 

 

副作用について、肌がやけどのようになるといわれることもありますが、さいきんはまず聞きませんね。

 

なぜかというと、事前にパッチテストをおこなうからです。

 

ミュゼにしても、脱毛ラボにしても初回でパッチテストをおこないます。

 

テストショットといういい方もします。

 

なにかというと、脱毛が肌にあっているのか、ためしてから本コースに申し込みするということです。

 

本コースに申し込んでから肌にあわなかったからお金が無駄になったということは、まずありえないので安心してください。

 

まんがいち、通っている途中で肌トラブルになったとしても、返金保障があります(ミュゼの場合)。

 

ただし、ケロイド体質の方は事前に相談して、脱毛は無理ですといわれることもあります。

 

逆にいえば、ケロイド体質でなければ、まったく心配する必要はありません。

詳しいキャンペーン内容の紹介と損しない方法はこちら